あしみの 日記

あした友達に話したいことを書いています

乳飲み子を連れて3,000円の寿司を食べに行く話と自炊の話

 子供が産まれてからめっきりと外食が減りました。

3,000円の寿司

 たまには昼食に3,000円の寿司とか夕食に5,000円(ドリンク別)のステーキコースとかシャレオツに決め込みたいんですが、めっきりとそのようなお店は赤子を連れて行きにくいものです。

 まだ1才にも満たない乳飲み子の我が子は、子供を連れていっても憚(はばか)れなさそうなファミレスに連れていくことも躊躇(ためら)われます。
 だってそうじゃないですがお腹が減ったら泣きますので、おっぱいをあげないとだめなんですよ。どこに行くにしたって気にするものは授乳室の存在です。

 乳飲み子ウェルカムな3,000円のランチや5,000円のディナーを窘める食事処があれば私は喜んで行きますね。
 だってそうじゃないですか、たまには3,000円(お茶サービス)の寿司が食べたいんですよ。3,000円の寿司が食べられる食事処はなんだか赤子を連れてはいけないような気がします。それを大々的に実行している食事処も多々あります「未就学児お断り」みたいな食事処ですね。まあいいんですよそれはそれで、商売はターゲッティングが大事ですから。なので、逆に、乳飲み子ウェルカムな3,000円の寿司ランチのお店があるといいんですよ。乳飲み子ウェルカムとなると所々の気遣いが必要になると思いますので3,500円でもいいです。そういうことでよろしくお願いします。

高級宅配寿司

 子供が産まれる前には目もくれなかったもの、高級宅配寿司です。高級感のある値段も高級な宅配寿司のチラシってちょくちょく来るじゃないですか。まあ高級っても超高級ではないレベルの高級です。
 あれについてはなんでこんな高いんじゃボケと思っていましたが、ああそうか、あれは乳飲み子向けの宅配サービスだったんですね。3,000円のランチ寿司にシャレオツできない乳飲み子の親たちは、高級宅配寿司でシャレオツを決め込む訳です。そろそろ私も頼んでしまいそう。でもお店で食べた方がおいしいんだろうなあ、目の前で握ってくれるし。目の前で握られることで美味しさが格段においしくなります。

自炊

 そういうことを考えておりますと、やはり人生を豊かにするのは料理のウデでございます。自炊、自炊、自炊、ああ自炊でございます。自ら炊くのであります。生活を豊かにするのですよ、自炊は。
 3,000円のランチ寿司よりも家族で食卓を囲うことが大事なのです。とは言っても、大事なことは料理のウデマエでございます。

 私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので私の妻は料理が上手なので、
 おっと、つい11回も「私の妻は料理が上手なので」と言ってしまいました。私の妻は料理が上手なので、高級宅配寿司で妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を妻の高い料理の技術を、
 おっと、つい24回も「妻の高い料理の技術を」と言ってしまいました。妻の高い料理の技術を高級宅配寿司3,000円で労(ねぎら)おうと思います。

寿司関連記事

こちらの寿司記事も読んで寿司さい。