あしみの 日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしみの 日記

あした友達に話したいこと

社会人の最初の3年間はとにかく”目立たず”働け!

働き方 考え方

□■□ DECOLE「Concombre」まったりマスコット ごろ寝「PIG/ブタ」DE23953 □■□

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

社会人の最初の三年間はとにかく “極端に” 働け!

を見た。 

 

「ずっと突き抜け続けることができて、それが楽しい人」はすごい

そういう人が多くの人々を幸福に導く製品・サービスを生み出すんだろーね。すごい。キャリアアップってんで大企業を渡り歩く人とかもうすごいね。意識高すぎやろ。

 

最初の3年で突き抜けると、その後もずっと突き抜け続けることを求められてしんどい。

私、今年の春から入社5年目。4年働いてて結構頑張ってそこそこ評価を頂いている。「今後の期待値込み」だと同期よりボーナスが多かったり、新しい上司に「君は他の社員より評価が高いけど、話してみると、なるほどそれがわかるね」とか言われて(嬉しい)。「幹部候補です!」と上司から紹介されたり。このままやってれば幹部ぐらいなれるよこれ。俺ってすげー意識高い。すげー。

 

社会人の最初の3年間で創りだした会社からの評価、自分自身のブランドです。しかし辛い、期待値が高く、周りよりも難度の高い仕事が回ってきて辛い。難度が高い分、業務量も増える。もう私の残業時間が減ることはないだろう・・・。もともとまったり生きていきたいと思っていたんだが、どこかで間違えてしまった。入社以来、猛烈に働らいている。仕事もまじめにやってさ、周りよりも多くの評価をもらってしまった。

 

同期のごにょごにょな人(直球で言うと無能な人)は研修期間で会社からそうそうに能力を見限られ、会社にとって重要度が低く忙しくない部署に配属された。羨ましい、私も定時に帰りたい。

なんだったかの本で読んだけど(脱社畜の本だったかな?)、仕事での「成果」は決して「業務量の低下」にはつながらない、「成果」はさらなる「成果」を求められるだけ。その「さらなる成果」を出すためにはさらに頑張らないとだめなわけで。

最近はその「さらなる成果」がマシマシになってきてもうね、やってられんよ。なんで俺の方が優秀で評価も高いのに定時に帰れないねん!わかるか?頑張って自己の能力上げて効率化して定時に帰れるようにしてもな、上から「(定時に帰れるってことは)暇なの?」って言われて仕事増えて帰れないんだよばーか!残業削減は経営者の脳みそ入れ替えないと無理なんだよ!絶望した!

 

そんな訳で社会人で最初の3年で突き抜けると、仕事が大変になるスパイラルから抜けられなくなるからよくない。私のような「まったり生活」を望む人は特に。

あの「ごにょごにょな人(直球で言うと無能な人)」はこの構造をわかっていたのではないか?だから意識高い系スパイラルに飲まれないように「ごにょごにょ感(無能感)」を装っていたのではないか?と、もやもやする日々です。

 

そんな私でも、最初の3年で以下を得ました。

でもここで猛烈に働いたからこそ、自分の中のハードルがグッと上がった(下がったのか?)から、その後の仕事人生はすごく楽になりました。会社の繁忙期で詰め込んで働くような時期に、残業が続いてみんなが不満を漏らし始めても「え??そうなの??そんなに大変??」って感じだったし、あまり「負の動機」で誰かと徒党を組むようなことはなくなった。これは自分にとってすごく大きなことでしたね。

社会人の最初の三年間はとにかく “極端に” 働け!

これはすごくよかった。もう残業30時間とか余裕っしょ。

 

もうまぢ無理・・・。。。地域に貢献してる残業ない中小企業で鶏口牛後で突き抜けて自己肯定感すっごい得て評価も給料貰いながらすっげーこの仕事楽ちん♪有給完全消化♪ってまったり生きよ・・・。。。

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)