あしみのゲートウェイ

ひろいこころでコラムを書いています。

何者にもなれない僕は、優しい気持ちで過ごす

社会人10年目のあしみのしゅなです。

Twitterネームを意識高い感じに変えたので見てください。 

 

仕事に対してのモチベーションが、あるような、ないような。

そりゃ仕事なのであまり気が進まないことだった真剣に取り組みますよ。

 

向上心がない。例えば資格の勉強してスキルアップしようとか、優秀な先輩と一緒に仕事をして自分の能力を高めようとかそういうのがない。

日々、ダラダラと大真面目に仕事をしている。

仕事してて楽しいこともたくさんあるけども、じゃあ明日から毎月30万振り込んどくよ!って言われたら会社にはもういかないよね。

「会社を辞めたくない、辞めさせないでくださいどうかお願いします」って感じの姿勢で働くのは、サラリーマンの終わりだと思っているので「いつだって辞めたっていいんだぞオラ!」という意気込みで働いている。

そういう意気込みで毎日真面目に仕事をしている。

とか言っても実際そういう話になったらビビッて会社に土下座して残留願いをしてしまうかもしれない。そんな気もしている。

 

私は根が真面目でそこそこ頭がいいので、不要な人材の枠・いなくてもいい人材の枠には入っていないと思う。しかしながらスキルがない。アビリティがない。

アビリティがないものの、そこそこ頭がいい人が毎日真面目に仕事をしていれば、平均以上の社員になることは当たり前だ。

結局のところ、毎日、真面目に頑張っている社員は少ない。

みんな結局、その日ぐらしなのだ。てきとうなんだ。

みんな「ああ、いつだって辞めてやるよ」っていう気持ちで働いているのだろうか(みんなそんな風には見えないが)。

好景気に片足を突っ込んでいて、すべての業界で人手不足らしいので、いまの会社を辞めても再就職できると思っているのか。

私はまだ30歳代だが、40代でだらだらなんとなく真面目を装って働いている人はどう思っているのか、気になるが、答えを聞いても、たぶん私がイライラするだけだと思うのでもう気にしないことにしている。

 

話が錯綜してしまった、何の話をしているんだっけ、大真面目にダラダラと働いている私の話です。

そう。私に向上心がないんですよ。

 

毎日明るい気持ちで会社に行けていればいい。家庭不和もなく、仕事でも、家庭でもプライベートでも、明るい気持ちで過ごせたらそれでいいんですよ。

子供が持っているおしゃべりするマイメロディのぬいぐるみが「だいじょうぶ、だいじょうぶ、優しい気持ちでいこうよ!」って私に話してくれます。

 

それを聞くと、そうだよなあ、毎日、楽しい気持ちで過ごしたいなあ、毎朝明るい気持ちで起きて、朝食が楽しみで、仕事が楽しみで、昼食が楽しみで、午後の仕事も楽しみで、夕食も楽しみで、明日も楽しみで、休日も楽しみで、優しい気持ちで今日も寝るんだ。

それを強く求め、邪魔するやつを許さず、屈せず、たくましく、負けず、億さず、

自分を信じて、強い信念を持ってこれからも生きていきたい。

平成30年12月 自宅にて