あしみの 日記

あした友達に話したいことを書いています

VR・バーチャルリアリティであらゆることの次元が変わる!VRの未来を想像してみた!

最近「VR」が話題ですね。VRというのはバーチャルリアリティの略です。「仮想現実」とか訳されるそうです。

こういうヘッドセットをつけると、

ヘッドマウントディスプレイ

目の前に仮想の世界が広がって、

拡張現実ゲームの仮想現実

「科学のちからってすげー!!!」ってやつですね。

何ができるのか

私はVRを聞いたときに大したインパクトを感じなかったんですけど、いろいろ話を聞いてみるとこれはやべー技術だなと思った。
当初私がVRで想像したことって「エロ(18禁)」と「ゲーム」の分野ぐらいだったんですよね。

ところがどっこい、エロ・ゲーム以外の分野でも、VRは次元を変えてくる
(ここから先は素人である私がVRって後々はこんなこともできるよなあ、と勝手に妄想した内容です。実現可能性は知らないです。)

1.情報が3次元になる

3次元のグラフ?

今って「情報」って2次元にしか表現できないですよね。グラフは平面にしか表現できない。テレビも新聞もスマホも平面。X方向とY方向にしか軸がないんですよね。
ですけど、VRなら情報が3次元で表現できるようになる。XとYだけだったの情報にZの軸が増えるんですよね。これってすごくない?

安直に思いつくのは、グラフに「時間」を追加できる。平面のグラフがZ軸に時間をとって幾重にも重なっているイメージ。そこから得られる情報の量が爆発的に増加する。平面では表現しきれなかった情報が、VRならわかりやすく表現できる。

グラフじゃないけど、ニュースの中継で中継先をVRで映すなんてことも将来的に実現するんだろうなあ(何年後になるのか知りませんが)。

学生が習う「数学」のグラフの問題も、遠い未来で3次元グラフの問題になるんでしょうか。ワクワクしますね。たぶんそのときにはぼく死んでるけど。

2.空間を録画できる

家族の思い出を残そうと思ったら、写真かビデオが定番なんですけど、VRなら空間を録画できる。家族が暮らしているリビング全体を録画できるわけですよ!そしてその録画した空間を再生すると、自分がそこに入り込めるわけですよ!!!

子供を溺愛するお父さんお母さん大歓喜ですよ。子供はかわいいからね(残念だから、かわいい時期はすぐに過ぎる)。
部屋をカメラで囲ってVRの情報にしたら、空間を録画できるね(注:なんども書きますが、素人が未来を想像して書いています。)。
これってすごいよなあ「ビデオカメラで映像を残す」とはまさに次元が違う時間軸を進む空間を仮想現実として記録できるんだよ!!!

何年後になるかわかりませんが、運動会でグラウンドを囲うようにカメラを設置しまくって「VRで運動会を残しましょう!」っていう人がいて社会問題になるんだろうなあ。

 

そういうわけでVRってすげえ!こいつはやべえぞ!!!
VRで将来きっとこういうのもあるぞ!っていうのがあったらぜひ教えてください!

 

100年後200年後には、私が先にあげたことなんかよりももっと、現代人が思いつかないようなVRの革新的な技術がむちゃくちゃあるんだろうなあ、すごいなあ。
あらゆることの次元が変わるぞ!次元が!
科学の力ってすげー!!!