あしみの 日記

あした友達に話したいことを書いています

【絵本】しろくまちゃんはこぐまちゃんのスピンオフ作品だったという衝撃の事実

 子供が産まれてから、数ヶ月経ったころ「絵本を買おう!」と思ってAmazon絵本ランキングを眺めているとランキング上位にこんな本が。

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 しろくまちゃんかわいいやんけ!買ったろ!ぽちー。って感じで買いました。しろくまちゃんがホットケーキ作って、友達(?)のこぐまちゃんと一緒に食べるという心がほっとするストーリーです(ホットケーキだけに)。

しろくまちゃんのホットケーキしろくまちゃんとこぐまちゃん
白いクマがしろくまちゃんで、黒いクマがこぐまちゃんです。

 ホットケーキを焼くシーンで「どろどろ」「ぷつぷつ」「ふくふく」とか、焼けていくときの擬音の変化とかがあって楽しい絵本です。この擬音が幼児の脳にバシバシを刺激を与えると思われる。今では娘のお気に入りの絵本です(^o^)

2冊目

 娘がしろくまちゃんの本を大変お気に召したので、しろくまちゃんの絵本もう1つ買ったろ!と思って本屋で絵本コーナーを眺めていると、しろくまちゃんの絵本がホットケーキのやつしかないぞ…。一方、こぐまちゃんの絵本がいっぱいあったので代わりにこぐまちゃんの本を買いました。

こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)

こぐまちゃんおはよう (こぐまちゃんえほん)

 

 『こぐまちゃんおはよう』という絵本です。こぐまちゃんの朝から晩までの生活に密着した絵本で、それが幼児に「自分がやるべきこと」の気づきを与える本のようです。絵本はそれぞれに目的がしっかりあって奥が深い。

 で、新しく買った絵本にパンフレットが挟まっていました。

こぐまちゃんえほんパンフレット
(娘にやられて少しボロくなっている)

 「こぐまちゃん絵本パンフレット」です。

 こぐまちゃんてめー、しろくまちゃんを差し置いてなに主役気取ってんだ。主役はしろくまちゃんだろうが!と思ったんですけど、よくよく見てみると、このシリーズって主役はこぐまちゃんだったんですね…。

 Amazonランキングで上位にあった『しろくまちゃんのホットケーキ』を買ったので、しろくまちゃんが主役でこぐまちゃんが脇役だと思ってました・・・
 パンフレットを見てみると「こぐまちゃん絵本シリーズ(全15巻)」と紹介されています。全15巻のタイトルを並べてみると・・・(しろくまちゃんが主役であろう本を赤文字にしています)。

 

  1. こぐまちゃんおはよう
  2. こぐまちゃんとぼーる
  3. こぐまちゃんとどうぶつえん
  4. こぐまちゃんのうんてんしゅ
  5. こぐまちゃんのみずあそび
  6. こぐまちゃんいたいいたい
  7. こぐまちゃんありがとう
  8. こぐまちゃんとふうせん
  9. しろくまちゃんのホットケーキ
  10. こぐまちゃんのどろあそび
  11. しろくまちゃんぱんかいに(パン買いに)
  12. こぐまちゃんおやすみ
  13. さよならさんかく
  14. ひらいたひらいた
  15. たんじょうびおめでとう

 

ほぼ全部がこぐまちゃんが主役の絵本やんけ!しろくまちゃん脇役だったのか!ファーwwww

 そういうわけで、しろくまちゃんが主役の絵本シリーズだと思ったらしろくまちゃんの方が脇役でした。こぐまちゃんシリーズのスピンオフ作品とも言える「しろくまちゃんのホットケーキ」が、こぐまちゃんシリーズの中で一番売れているという現実があります。しろくまちゃんはこぐまちゃんから下克上で人気を勝ち取り、シリーズ一番人気を手に入れていたのです。

 

紹介した絵本はこちらで試し読みできますよ~!
(数ページ読める)しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気記事

名作絵本を昔と比べると時代を感じる 売れっ子アニメ作家が描きおろし!

リサとガスパールの絵本がかわいいので表紙画像並べました

【子どもに歯みがきさせる方法】嫌がっても歯みがきを教えて習慣づけるのが親の責任