あしみの 日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしみの 日記

あした友達に話したいことを書いています

もらって嬉しくない出産祝いベスト3から考える、もらって嬉しいプレゼントってなに?

stein.hatenablog.jp

▲読みました。
この記事と同じように私も、もらって嬉しくなかった出産祝いをランキング形式で紹介します 。※個人の感想です。

 

1位 たんぽぽコーヒー

 妊娠中・授乳中はカフェインNGです。カフェインゼロのたんぽぽコーヒーは、コーヒー好きな妊婦さんへのプレゼントの代名詞になっているようです(名前にコーヒーと付いていますがコーヒーではないです。たんぽぽのお茶です)。

 はっきり言ってまずい。私(男)ではなくて妻へ向けてのプレゼントだったのですが、妻は一口飲んで「(あなたにあげるから)ぜんぶ飲んでいいよ」とのことでした。私も飲んでみたのですが、まずいです。長らく保管していますがそろそろ捨てそうです…。たんぽぽコーヒーとかいう色物じゃなくて、カフェインレスのコーヒー・紅茶にしとけよと思う。

 たんぽぽコーヒーは2人からもらったんだけど、「妊婦カフェインNG→カフェインレス製品」じゃなくて「妊婦カフェインNG→たんぽぽコーヒー」ということを浸透させた、たんぽぽコーヒーのブランディングってすごいなって思った(そもそもコーヒーじゃねーから!)。素直に考えたらカフェインレス製品になる気がするんだ。
た、たんぽぽコーヒーって何・・・?

 

2位 こども商品券

 使える場所が少ないわけではないが、ほとんどのものを通販で買うので商品券を使うタイミングがない。近所にある西松屋はよく利用するけど、こども商品券が西松屋で使えないのが痛い(西松屋で使えるようになって欲しい)。こども商品券は多くのテーマパークで使えるけど、テーマパーク行くのって1歳とか2歳とかになってからだ。それまで商品券を保管・管理することがストレスになる。さらに、いざテーマパークに行ったときに、使うのを忘れてしまって「使うの忘れた・・・」とストレスMAXになるのも商品券のよくないところ。

 そもそも、商品券は場所・用途が限られるので現金よりも価値が低い。なぜわざわざ価値を落としてから(現金を商品券化してから)プレゼントするのかわからない。

 相手が遠方ならAmazonギフト券(メールタイプ)がおすすめです。現金を現金書留で送る手間と手数料も要らない、祝儀袋も要らない。ギフト券をアカウントに登録した後は忘れていいのでストレスもない(保管・管理が不要)(送り主への感謝は忘れないようにしましょう)。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonボックス

 

 

3位 装飾が余計なスタイ

 「スタイ」は「よだれかけ」のことです。スタイに動物の顔がデザインされてて、動物の目がボタン(直径1cm程)なんですよね。そのスタイを子供につけるとそのボタンをぺろぺろもぐもぐするんですよ。ボタンが取れてボタン飲み込むんじゃないかと心配になるので、そのスタイはあんまり使っていません。もっと大きくなったらボタン引きちぎって飲み込むでしょこれ。乳幼児の衣類はシンプルじゃないと破損&誤飲の不安になる。

嬉しくないプレゼント、考えてみたら3つだけでした。それぞれの理由は、

  • たんぽぽコーヒーまずい
  • 商品券文化嫌い
  • 余計な装飾は乳幼児に不安

です。たんぽぽコーヒーは自分で試飲してからプレゼントしましょう。 

 

出産祝いは絶対におむつケーキがいい

出産祝いは、現金以外ならおむつケーキがいです。おむつって絶対に使うからね!おむつケーキにはぬいぐるみもついているので、子どもがぬいぐるみで遊べるし!
私は子どもの名前の刺繍入りのタオルが付いているやつをもらったことがあって、すごく嬉しかったです!

私の意見では「絶対おむつケーキにしてほしい」ぐらいおむつケーキがおすすめです(笑)おむつなので何個あっても困りません。

おむつケーキの購入は専門店の「すまいる」がおすすめです。専門店だけあって1つ1つのおむつケーキがかわいい!! とりあえず、サイトを見てみてください。
絶対おむつケーキがいいですよ!! 下の画像から「おむつケーキ専門店すまいる」のサイトに行けます!! インターネットで簡単に注文できます! 無料で名入れできます。

大人気の出産祝い!【おむつケーキ専門店 すまいる】

 

人気記事

おすすめ赤ちゃん用品①→
赤ちゃんおすすめおもちゃオーボールを買ったよ!掴んでなめて楽しそう!

おすすめ赤ちゃん用品②→
赤ちゃんに還って遊びたいおすすめおもちゃデラックスジムを紹介するよ

育児日記①→
おっぱいをあげたい 父親は母親の下位互換でしかないのか

育児日記②→
女性の人生から育児が切り離されるときが来る ただし出産テメーはダメだ