あしみの 日記

スプラトゥーンとあした友達に話したいことを書いています

おっぱいをあげたい 父親は母親の下位互換でしかないのか

以前、子供が生まれると書いていました。

【関連記事をチェック!】子供が生まれる

その後、めでたく第一子が生まれました。うれしい。

 

生まれてから、父親である私も世話をしています。今は男性も育児に参加する時代です、いい時代になりました。

 

やることはシンプルだが、実施する環境が厳しすぎる乳幼児の世話

赤ちゃん

乳幼児の世話でやることって「おっぱいあげる」と「おむつ変える」と「沐浴(おふろ)」だけなんですわ。

生まれる前は、赤ちゃんの世話はやることいろいろあって大変だろうな〜、と思ってたんですが、実際にやってみたらこの3つでした。

赤ちゃんてほとんど寝てるんですよ。個人差もあると思いますが、3〜4時間起きに目覚めて泣いて、おむつ替えておっぱいあげるとまた寝ます。沐浴(おふろ)は一日一回します。

やること3つだけ(しかも単純作業)なんで「噂に聞くより全然大変じゃないな」と思ったんですが、赤ちゃんは朝晩関係ないので夜も3〜4時間起きに世話を要求して泣くんですよね、このことが赤ちゃんの世話が大変な理由でした。

親はまとまった睡眠を取れなくて、それが何ヶ月も休みなしに続く。これは非常に大変な仕事だなぁと思いました。あと赤ちゃんが強く吸うから乳首が痛くなるのも辛いようです。

 

最大の問題は、私のおっぱいが出ないことだ

それでですね、びっくりしたんですけど、赤ちゃんにおっぱいあげようとしたら、私おっぱい出ないんですよ。そのせいか私の乳首は全然痛くありません。これにはまいった。

 

先ほど、赤ちゃんの世話でやることは「おっぱい」「おむつ」「沐浴」の3つだと言ったんですが、その中で何が一番重要かって聞かれたら迷わず「おっぱい」ですよね。

赤ちゃんから「おっぱい」が欠落したら、死に直結することが容易に想像できます。

 

赤ちゃんが泣くんですよ。泣くから世話をするじゃないですか、「おむつ」を変えるんですよ、おしりを綺麗にして新しいおむつ履かせて。それでも泣き止まないんですよね。赤ちゃんが何を要求しているかって考えると「おっぱい」なんですわ。口をぱくぱくしてるし、舌をぺろぺろしてるし。でも、お父さんはおっぱい出ないんだよ・・・。それが辛く悲しい・・・。お母さんがいないと世話が完結しないんだよ・・・。

 

生まれて間もない赤ちゃんに「お前はおっぱいが出ないから要らねーんだよ!!おっぱいを出す方の親に飯を食わせるために外で働いてろ!!」と言われているようで辛いです。

 

しかしまあ、赤ちゃんがそんなこと考えているはずもないので、私の被害妄想がいけない。「子供の世話は母親の仕事」という固定観念が私の奥底に存在して、被害妄想を生んでいるのでしょう。そんな自分に直面することもまた、いと悲し。

 

おっぱいが出ないのなら、市販のミルクで何ら問題無いんです。おっぱいがうまくでない母親もいると聞きますし。おっぱいが出ない親は市販のミルクを使えばいいんです。

とは言っても、おっぱいが出る親が隣にいるなら、わざわざ粉ミルク溶かして飲ませる必要などない。おっぱいのある親がおっぱいをあげればいいんですよ。でも私だって赤ちゃんにおっぱいあげたいんですよ。あげたいんですよ。

 

母親は父親の上位互換だと思い知らされる

「赤ちゃんの生命を維持するおっぱいという機能が備わっているか?」という点では、母親って父親の上位互換なんですよね。非常に残念なんですけど、父親はおっぱい出ないんですよ。赤ちゃんの生命を維持する機能が備わってないんですよ、父親には。

「おっぱいの出る親」と「おっぱいの出ない親」って並べると、「おっぱいの出る親」の方が強くて、それってどうしても母親なんですよね。 

いやー、まいったまいった。おれも赤ちゃんにおっぱいあげたい。あげたいんですよ。 

 

あわせて読んでね

「女装から解放されたスカート」

妻を「ママー!!」と呼ぶと赤い実ハジケル