あしみの 日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしみの 日記

あした友達に話したいこと

女子はかゆい箇所を「つめ」でかかない

考え方-ジェンダー 考え方

女子は体のかゆい箇所を「つめ」でかかないらしい。指の「はら」でかくらしい。私は四半世紀ほど生きてきたのだが、それはなかなかの衝撃だった。私は体のかゆい箇所を「つめ」でかく。さらに、すべての人間は痒い箇所を「つめ」で掻く、と当たり前に思っていた。

その女子が言うには、かゆいころを「つめ」でかくと肌が傷つくので、指の「はら」でかくのだという。女子は美を保つライフハックを身に付けながら成長するのだ。男である私は、そんなこと考えもしなかった。

 

そのときは特にかゆい箇所は無かったのだが、試しに自分の肌を指の「はら」でかいてみた。指の「はら」で「かく」など、始めてだった。

その結果、まったく「かいている」気がしなかった。この行為に「かく」という言葉を使うのは誤りであるような気さえする(おそらく、「こする」という言葉が適切だ)。実際に肌がかゆいときに指の「はら」でかいても、まったく効果がないのではないだろうか。

 

何日か経ち、私は背中がかゆくなった。指の「はら」の話を思い出した私は、指の「はら」でかゆい箇所をかいてみた。予想していた通りかゆみは収まらず、その行為の目的達成の未熟さにイライラしてしまった。

しかし、かゆさを「つめ」で押さえつけることよりも、物足りないぐらいの指の「はら」を使い、肌を守ることの方が重要なのだ。

竹曲がり孫の手

竹曲がり孫の手

 

女子に「かゆいからかいて♡」と言われたら、指の「はら」でかこう。