あしみの 日記

あした友達に話したいことを書いています

ホントにできるの?!自分が持つ「自信」を増幅させる方法!!

皆さんは自分に「自信」持っていますか?!「自信」って大事ですよね☆(ゝω・)v このたび、自分が持っているの「自信」をロジカルに増幅させる方法を考えたので発表します!!腹筋を例にしています!!あなたは腹筋を何回できる「自信」がありますか?!

 

  1. あなたは、腹筋1回できる自信を持っています。
  2. あなたは、腹筋X回ができるのだから、X+1回の腹筋もできると考えています。「1回ぐらい増えてもできるでしょ」と考えています。
  3. 腹筋1回できる自信が、腹筋2回できる自信を生みます。腹筋2回できる自信が、腹筋3回できる自信を生みます。腹筋3回できる自信が、腹筋4回できる自信を生みます。腹筋・・・(略)・・・回できる自信が、腹筋無限にできる自信を生みます。
  4. おめでとう!あなたは「無限の腹筋ができる」という「自信」を手に入れました!

 全く腑に落ちない

上記の1〜4は一見完璧だが、全く腑に落ちない。1〜4を咀嚼しても、何万回、何千万回、ましてや無限の腹筋ができるという「自信」を持てない。

(ここで問題としているのは実際に腹筋が何万回、何千万回できるということではなく、あくまでも「できるという自信を持てるか」の話だ。ここでは、実際にできるかどうかは問題にしていない)

 

私で考えれば、私は腹筋100回ならできる、100回腹筋する自信がある。さらに、X回の後にもう1回追加で腹筋することも容易であると考えている。だが、何万回もの腹筋ができるという自信は決して持てない。

しかし、100回できるなら、101回できる。101回できるなら102回できる。102回できるなら103回できる。と、羊を数えるように1回、また1回と「現状の自分に+1しても達成できる」を繰り返し考えると、それが1万回に達したとき、なるほど確かに「1万回できる」という自信が持てる。

では、なぜこの手法は全く腑に落ちないのか?それは「1万回できる」という非現実的な自信が受け入れられないからだ。

羊を数えるように1万回まで腹筋ができる自信を積み重ねた瞬間、その瞬間は確かに「1万回できる」という自信が存在する。しかし、「1万回できる」という自信は、その瞬間に消え去る。非現実な自信に直面した途端、自ら作り上げた自信を自らで否定してしまうのだ。羊を数えるように増幅させた自信はその不埒さに気づいた時点で消える。

 

ではどうすればよいのか?簡単だ、非現実的でなく自らが受け入れられるラインまでの増幅で止めておけばいいのだ。非現実的な自信を一瞬だけ持っても、現実に活かすことは難しい。当初の自信の+1、+2、+10、少しでも自信が増えれば儲けものと考えるべきだ。100の自信が110になったら、110を達成した後に120の自信を持てばいい。

しかし、なんとか活かしたい。私はこの無限に増幅できる自信を活かしたいのだ。羊を数えるように増幅した自信を、眠りに落ちた後の非現実的な世界でも持ち続けたい。目が覚めた後に、確固たるそして爆発的な自信を持って勝負に挑みたいのだ。

 

つづく(掲載時期未定)

他の記事もどうぞ→