あしみの 日記

スプラトゥーンとあした友達に話したいことを書いています

残業代が出ないのなら、私は絶対に自分で請求する

「残業時間を月末に上司に勤務時間を調整されるから残業代が満額でない」という恐ろしいことがあるみたいですが。

なんで本人が文句を言わないのかがわからない。
上司に時間外労働時間を誤魔化されて、会社は賃金を払わないという明確な違法行為をしている。

無償労働だよ、無賃労働。いったい何のために働いているんだ、賃金のために働いているんでしょ? もし、社会のために働いている言うのなら、まずは自社の違法行為(賃金未払い)を正そうよ。社会も自分も潤うよ(社会→違法状態の会社が減る。自分→賃金がもらえる)。

本人・上司も、残業未払いという行為が、自社を違法状態にしてしまう自覚がないのか? 自分が勤める大事な会社が違法状態じゃあかんでしょ。労働力の搾取ですよ、労働の万引きと同じ。自分の労働力をタダで泥棒されている。残業代貰えないなんて、奴隷なのか? 現代の奴隷なのか?

ごねろ。ごねよう。残業代が出ないことに文句を言おう。

まず、上司に「私の勤務時間をごまかすのは止めてください。」と言え。「違法なのでやめて下さい」とも言ってみよう。上司に言っても何も変わらなかったら、第三者機関に相談しよう!

まずは、相談しよう。別に内部告発するわけじゃない、軽い気持ちで相談相談。
厚生労働省の「労働条件」のサイトとか。

www.check-roudou.mhlw.go.jp

都道府県別に窓口があるね。とりあえず電話してみよう、アドバイスがもらえるよ。最終的には、労働基準監督署からの是正通知が会社に入って、残業代がもらえるように会社が変わったらすごくいい。

 

ほんとね、労働基準法で、労働者がどれだけ守られているかを。中学校なり高校なりで厳しく教え込まないとだめよ。サービス残業は違法であることと、その対処法。多少なりやってるだろうけどな。

労働者は、経営者に比べて立場が弱い。だから、弱い労働者を守るために労働基準法がある。

 

豊かな働き方を目指して→

asimino.hatenablog.com